×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


エンジン降ろし



Projected by ぶり
1ページ  →  2ページ  →  3ページ  →  4ページ
エンジン戻し
色々な作業を終えて、エンジンを戻す作業です

基本的には外す逆の工程を行えばいいのですが、パワステパイプだけテクニックが必要です
パワステフルードパイプ装着
パワステの配管を外した時のままです
パワステ配管装着
黒い王冠みたいなやつを取り、ボルト根元から引っ張って抜きます


画像は左配管だけ抜いてます
パワステワンタッチコネクタ
このように2つのパーツで構成されています

きっとOリングは新品にする必要があるはずですが、このまま再利用
パワステ配管ワンタッチコネクタ
ドライバーを配管に見立てて繋がっている時の様子
パワステ装着
さきほど外した2つのパーツをエンジンから来ているパワステ配管の方に移植します
パワステ配管装着
配管コネクタ内部に黒い王冠を挿入

向きに注意
パワステ配管
Oリング付きボルトも装着して固定
パワステ配管ワンタッチコネクタ
両方とも固定します


太いパイプは40N・m
細いパイプは30N・m
パワステ配管さし
後はエンジンルーム側のコネクタに差し込む
(プラスチックのスペーサーがあるので無くさないように)


1度差し込むと手では抜けなくなるので、引っ張って確認

なんとこれだけでパワステ配管を装着できます
今回使用した物
  スパナ・ラチェット一式
  クローフットレンチ
  トルクレンチ
  スピンナハンドル
  ホースクランププライヤー
  国産ではあまり使われない15、16、18mmのボルトやナットを外すための工具
  フロアジャッキ
  リフトテーブル
  ウマ4脚

ケミカル類
  冷却水 10リットル以上
  パワステフルード PENTOSIN CHF202

作業時間
  3日ぐらい

必要スキル
  手持ち工具の種類の多さは整備力に直結

インプレ
  国産エンジンを上から降ろしたことはありましたが、車を上げて下抜きは今回初めて
  英語のサービスマニュアルを解読しながら作業したため予想より時間がかかってしまいました
  でもやっぱりポルシェはエンジン降ろしのための設計がしっかりされていて楽でした

最後に一言
  ポルシェは作りが凝っているっていうセリフにようやく納得


質問はメールにて受付中♪ 分かる範囲はどんどん答えていきますのでよろしくお願いします
burialc2@yahoo.co.jp
1ページ  →  2ページ  →  3ページ  →  4ページ

戻る