×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


エンジン降ろし



Projected by ぶり
1ページ  →  2ページ  →  3ページ  →  4ページ
マフラーセンサーコネクタ
エンジンルーム内にあるマフラーのセンサーに繋がっているコネクタを外します
O2センサーコネクタ外し
ちょっと持ち上げれば画像のように上に上げられます
コネクタ外し
上部の赤いヤツを上げればコネクタが外れますが、赤矢印にツメがあるので注意

手前側と奥側の2ヶ所のツメを折れないように外します
私は折ってしまいましたが・・・・
コネクタもう1ヶ所
マフラーは左右出しなので、エンジンルーム右側にも同じコネクタがあるので同様に外す
パワステホース外し
適正な工具が無いと非常に時間のかかるパワステホースの切り離しです

固定プラスチックの止め部をパカッと開けて、内部のブッシュ的なヤツも外しておきます
パワーステアリングホース
留め具が外れました

ボルトを外してホースを切り離すのですが、説明が難しいです
パワステホース外し完了
分かりやすいように先に外れた所を紹介

先端のボルトを外すんですが
パワステホース外し方
手前のボルトは固定させて、奥のボルトを回す必要があります

チャッカマンをパワステホースと見立てての画像です


奥まった部分を回すので、クローフットレンチが必須
しかもパワステホース送り側と戻り側の2本でサイズが違うという・・・

セット物を用意することをお勧めします
外し方
手前ボルトを固定させ、クローフットレンチにエクステンションバーで延長させ時計回りで奥のボルトを回します

ちょっと緩んだら手で回すことができます
受け皿用意
パワステフルードが漏れるので受け皿を下にひいておくと便利

2本とも無事に外れました


注意:戻す時は特殊な方法あり! 後ほど解説
エンジンハーネス外し
エンジンハーネスを外します

エンジンルーム内の右側部分
エンジンハーネス外し
コネクタを回して外すだけ


これだけで車体からエンジンハーネスを切り離せるなんて本当にポルシェは考えられているなと実感できます
ラジエーターホース外し
忘れてましたが、右側のどでかいラジエーターホースも外しておきます
バキュームホース外し
2ヶ所のバキュームホースを外します
tank vent
燃料タンク内部の負圧を無くすためのタンクベント

両側を押しながら引っ張って外します
ブレーキマスターバキュームホース
ブレーキブースターに繋がるホース

Cリングを外して上に引っ張る
燃料ホース
作業前にガソリン給油口を開けて内部の圧力を逃がすと安全です

後期996は燃料ホースを外すのも信じられないぐらい簡単です


前期996は燃料デリバリーパイプの所(インジェクターの近く)で外さないといけません
燃料ホース外し
押しながら引っ張る

これだけで燃料ホースが車体から切り離すことができます
外すとガソリンがちょっと漏れるので注意


エンジンルーム内の作業はこれでおしまい
次は下回りの続きです
1ページ  →  2ページ  →  3ページ  →  4ページ

戻る