×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


イグニッションスイッチ交換



Projected by ぶり
今回のmission
キーが抜けにくくなったので
被害が甚大になる前にスイッチを交換しよう
バッテリー外し
初期症状はエンジンを切ってキーを抜こうとしたら何か引っかかる時があるな〜でしたが、 徐々ににキーが抜けない回数が増えてきました

エンジン切れない!、かけられない!となる前に996定番のイグニッションスイッチ交換しました


安全のためバッテリー外し
ダクト外し
イグニッションスイッチはキー差込口ではなく、ちょっと奥にあります

なので運転席の下に潜って作業です
イグニッションスイッチコネクタ
潜って見上げると紫色したコネクタを発見できます

エアコンダクトが邪魔なので外します
エアコンダクト
エアコンダクトが外れました

両側がかぽっとはまっているだけなので、手で外せます
コネクタ外し
ダクトを外すとコネクタがよく見えます
イグニッションスイッチコネクタ
もう少し近づいて撮影

コネクタの下にあるのがイグニッションスイッチです
キー差込口と距離が離れてるのにこれが原因なんて不思議ですね
コネクタ外し
コネクタを外します

ツメとか何も無いので、まっすぐ引っ張るだけで外せます
ネジ外し
画像が前後しますが、イグニッションスイッチは矢印2ヶ所のボルトで固定されてます

マイナスドライバーで外すのですが非常に狭く、さらにかなり硬いです
ガスバーナー
精密ドライバーでは力が入らず

手持ちの小さいマイナスドライバーは狭すぎて使えなかったのでSSTを作ります


火起こし用のバーナーを使いました
マイナスドライバーSST
力が入るようにL型にバーナーで曲げて、グラインダーで切り落とし

SSTの完成です
イモネジ外し
画像ぐらいまでイモネジを緩めます

全部外す必要はなく、むしろ取ってしまうと付けるとき大変です
イグニッションスイッチ外し
イモネジ2ヶ所を緩めたら簡単にイグニッションスイッチを引き抜けます
新旧イグニッションスイッチ
新旧イグニッションスイッチの比較です

見た目では何も変わりはないです・・・・
イグニッションスイッチ装着
後は元に戻して終了

無事にキーが引っかかることなくスルスル抜くことができました
故障したイグニッションスイッチ分解
ちなみに故障していたイグニッションスイッチを分解すると中から割れたプラスチックが

内部のスプリングを固定するプラスチックが折れて不具合を起こしていたようです
今回使用した物
  マイナスドライバー
  ガスバーナー

作業時間
  1時間ぐらい

必要スキル
  精密ドライバーを強く握れる腕力、もしくは最適な工具

インプレ
  このイグニッションスイッチは996では必ず壊れる部品です
  不具合なくても予備品を常備している人もいるぐらい
  無事に解決して、しばらくは安心です

最後に一言
  ポルシェは要所要所でプラスチックパーツを使ってるんだ 壊れるに決まってるでしょ


質問はメールにて受付中♪ 分かる範囲はどんどん答えていきますのでよろしくお願いします
burialc2@yahoo.co.jp

戻る